マイルドに生きる。in岡山

気だるい昼下がりのテンションを1㎜だけアゲる気休めブログ

シュレッダーはさみ“チョッキル”をレビュー

 

以前購入したシュレッダーはさみ“チョッキル”。

>>>“シュレッダーはさみ”で大量の紙を処分

 

家にのさばる大量の紙を処分しようと思い購入しましたが…

思っていたより切るのが結構しんどかった。というお話。

 

 

購入した当初に思い描いていた切り方が出来ませんでしたよ。

上図のように『一度ハサミを入れて閉じたらそこから先に進めない(進みにくい)』ってところが、何とも言えず不便です。

閉じたハサミを再び開いて前進しようとすると、切った紙の切れ端がどうしても邪魔になってしまうので。

 

A4用紙を一直線に切ろうと思えば、もうこういう切り方しかない↓↓

ハサミの幅に合わせて紙を折りたたんでから切る。

 

一直線に切るのに拘らないのであれば、交差しながら切る。

この2通りの切り方に限定されます。

案外、柔軟な使い方が出来ないもんだなと思った次第です。

 

なので今、

『1枚1枚個人情報が載っている所だけをピックアップし、切る部分を最小限にして切る』

という、地味~な作業を絶賛遂行中なのであります。

コツを掴めれば……まぁ、それなりにテンポよく切ってはいけます。それなりに。

 

 

という訳でこのチョッキル、『ちょっとした枚数の紙を処分する』って場合には最適なブツだとは思いました。

しかし大量の紙を捌く場合は……結構厳しいです。というか疲れます。

そういった場合には電動シュレッダーを使うべきなんでしょう。

一人暮らしのオッサンが、家庭用で電動シュレッダーを購入するのはだいぶ無理があるので買いませんけど…。