マイルドに生きる。in岡山

気だるい昼下がりのテンションを1㎜だけアゲる気休めブログ

土産物をレビュー(島根県編)

DSCF2029

島根のお土産を頂きました。 あおさの味噌汁(シジミ入り)と、炊き込みご飯用のノドグロです。

いかにも土産物コーナーに置いてあるような代物。 ワタクシ、こういうのを貰うと異様にテンションが上がります。 自分用に買う事って、まず無いですからね。値段が高めなので。

まぁ、大抵期待した割には……ってパターンが多いんですが…。 今回の品はどんなもんだか、上から目線でレビューしたいと思います。

DSCF2025 ↑↑ まず、ノドグロはこんな感じ。

パッケージの大きさから予想は出来ていましたが、まぁ小ぶりです。 いや……というか、予想以上に小さかったです。

DSCF2031

実際に炊いてみました。 ノドグロ以外の具材は、ニンジンとタケノコ。 見た目と香りは良かったし、ここまでは美味しそうです。

まぁ、ノドグロの方はともかくとして…… 味噌汁については 「パッケージ詐欺!?」 って感じでした(汗)

DSCF2036

シジミ入りと書かれていましたが、スゴイ細かく粉砕されたシジミが 微量に入っているだけで…。 あおさも、もうちょっと入っていればな~、って思います。

で、食べた感想としては……

「頂きました!!星1つ!!」チューボーですよ風)

ってとこですかねぇ~。 平たく言えばイマイチ…。

やはり『パッケージの見かけ倒し感』は否めません。 ノドグロに関しては小さすぎて、「ノドグロを食べてる」というより、 普通の小魚?を食べてるような感じです。

味噌汁の方は味は良かったけど、やはり全体的にスケールが小さいというか、 内容物が明らかに足りてないというか。

『豪華絢爛のパッケージで期待度MAX』→『実際食べた時のガッカリ感』 のパターンは、土産物のお約束を通り越して、もはや醍醐味と言っても いいかも知れませんが…(^^A

「もう少し値段に見合う味と内容物であって欲しい!!」 と、全国の土産業界に対して、声を大にしてお願いしたいところです。